忍者ブログ
公職選挙法の解説ブログ

選挙違反の事例を徹底解説

「べからず法」といわれる公職選挙法ですが、実際の選挙の現場や選挙違反の事例などを挙げながら、選挙全般について解説していきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社交的行為とは「社会的に認められている、人との付き合いや儀礼的な行為」を指します。
例えば友人との会食や転居挨拶文の発送などがこれにあたります。
ただ、その時期や方法、内容や対象などから判断して投票を獲得するためのものと認められた場合は選挙運動となりますので注意が必要です。
また社交的行為であっても年賀状や暑中見舞いなどを選挙区内の人に出すことは、答礼のための自筆によるもの以外は禁止されています(公職選挙法第147条の2)。

そのほか、選挙区内の人に対する挨拶を目的とした有料広告(同152条)、選挙区内の人に祝儀や餞別を出すこと、食事を提供するなどの寄付行為は原則として罰則を持って禁止されています(同199条の2)。

また特に注意が必要なのは公職選挙法第249条の2第3項で
  • 自らが結婚式に出席者した場合の祝儀
  • 自らが参列した葬儀もしくは葬儀まで弔問した場合の香典
については罰則を免除されていますが、
通常一般の社交の程度を超えて寄付をした場合寄付の制限違反(第249条の2第2項)になりますので、常識の範囲内で行う必要があります。

また、最近の議会では葬儀での弔電や香典を自粛するよう申し合わせているところもあります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
? 社交的な男性はもてる
男友達すらいない、自分しか信じないという男性がいますが社交的にならないと女性にもてません。そもそも男性の友達がいないのなら女性との出会いを増やす活動だけでなく男性の友達を増やす活動もするべきです。男性との関わりを持つ方が大事です。出会いパーテ...
URL 2010/11/19(Fri)00:19

kousenhouをフォローしましょう
お問い合わせ
ご不明な事例などをお問い合わせください。 今後の記事の参考にさせていただきます。
○ メールフォームへ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
どら坊
性別:
男性
職業:
選挙スタッフ
自己紹介:
関西方面で衆参の国政選挙を中心に都道府県議会選挙や首長選挙など、多種多様な選挙で候補者選対のスタッフを務め、多数の勝利を経験させていただきました。
選挙に勝つことはもちろんですが、「違反者を出さない」選挙を心がけ、おかげさまで私が入った選挙では公選法関連で問題を起こすことなく無事に選挙戦を進めることができました。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[10/22 関係者?]
[10/19 関係者?]
[08/30 関係者]
[04/22 わ~りん]
バーコード

Copyright (c) [ 選挙違反の事例を徹底解説 | 公職選挙法の解説ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]